Our stories

高知という場所でものづくりをするということは、決して便利だったり優位な地域ではないのかもしれません。

ただ、そこに豊かな水辺と世界にも誇れる獲物がいるということ。多くの実地テストを繰り返し、より実践で使える製品の開発への情熱を失わないエナジーを得られる場所だということ。
私たちの求めるものがそこにある、それがKOCHI MADEにこだわるという誇りです。

より水辺に近い場所に
Factoryをおいた。

私達が日々己に課したこと、それは現場に通うこと。
刻々と変わる現場を神経を研ぎ澄まして観察するということ。
真剣な眼差しの中から突き動かされるようなインスピレーションを受け想像する。
思い描いたカタチを具現化、そして直ぐに水辺でのテストを実行する。

リアルな野生と向き合い明確なビジョンを探るには奴等との距離は近いほどいい。
魚達との駆け引きの中、ボロボロに打ち砕かれながら観察と想像とテストを繰り返し重ねる。
あらゆる局面に対応できる答えを求めてさらなるテストを繰り返す。

色々なターゲットが隣接し凝縮されたこの水辺こそが、その答えへの最短距離だということは疑いようもない事実。
だからこの水辺の近くにFactryをおいた。